青森県の農業の特徴

青森県は、三方を海に囲まれ、県の中央部に位置する奥羽山脈が県内を二分しているなど、海域や地形が複雑なことから、同地域によって気候が大きく異なります。
日本海側の津軽地域は豪雪地帯ではあるものの、日本海を北上する温暖な對馬暖流のおかげで夏は温暖。
世界自然遺産の白神山地や八甲田連峰、岩木山から流れる清らかな水が大地を潤し、米やりんごなど、多くの実りをもたらしています。
太平洋側の県南地域は、冷たく湿った偏東風(やませ)の影響で夏季冷涼であることから、ながいもやごぼうといった野菜の大産地となっています。
その他にも、地域特性を生かした多様な農産物が県内各地で生産されています。

青森県 産品マップ

青森県経済の中での位置付け

  • 青森県の全産業の就業人口に占める農林漁業人口の割合は11.8%と全国平均の3.9%に比べ高い水準となっています。
  • 令和3年の本県の農業産出額は3,277億円で、全国で第7位、東北で第1位(18年連続)となっています。
  • また、各品目がらバランスよく生産されているのも特徴の一つです。

農業産出額及び食料品・飲料等製造業の出荷額

(単位:億円)

区分 農業産出額 食料品・飲料等製造業の出荷額
平成2年 3,270 4,691
平成7年 3,193 4,547
平成12年 2,648 3,921
平成17年 2,797 3,506
平成22年 2,751 3,941
平成27年 3,068 4,543
平成29年 3,103 4,766
平成30年 3,222 4,912
令和元年 3,138 4,872
令和2年 3,262
令和3年 3,277

出典:生産農業所得統計、青森県の工業

農業産出額構成比(令和3年)

本県の産出額構成比(令和元年)

出典:生産農業所得統計、林業所得統計、漁業・養殖業生産統計

全国上位に位置する食料自給率

青森県の食料自給率は、カロリーベース、生産額ベースともに全国上位に位置しており、日本の食を支える国内有数の食料供給県となっています。

カロリーベース(全国38%)

順位 都道府県名 概算値(%)
1 北海道 216
2 秋田 205
3 山形 145
4 青森 123
5 新潟 109

生産額ベース(全国66%)

順位 都道府県名 概算値(%)
1 宮崎 284
2 鹿児島 275
3 青森 241
4 北海道 211
5 岩手 199

出典:農林水産省 食料需給表(令和元年度)

農林水産業の生産概要

  • 県内では、米や、全国の生産量の約6割を占めるりんご、全国一の生産量を誇るにんにく、ごぼうなどの野菜のほか、様々な畜産物などの生産が行われ、多様な農業が各地で展開されています。
  • 農業産出額は、果実、畜産物、野菜、米の順で多く、果実は全国第1位、野菜は東北一です。

農産物(令和3年)

区分 作付面積
(ha)
生産量
(t)
産出額
(億円)
41,700 256,900 389
りんご 20,400 415,700 1,027
特産果樹 67
野菜 14,943 394,225 753
花き 82 13,728
(千本、千鉢)
17
工芸作物 31
その他 46
2,330

出典:農林水産省統計より作成、花きは県農産園芸課
※野菜(いも類含む)の作付面積、生産量は主要26品目
※花きの生産量は出荷量

畜産物(令和4年2月1日現在)

区分 飼養頭羽数 産出額(3年)
(億円)
乳用牛 12,200頭 88
肉用牛 54,600頭 161
358,600頭 221
4,650千羽(採卵鶏:成鶏めす)
8,058千羽(ブロイラー)
450
その他 27
947

出典:畜産統計、生産農業所得統計

農業の全国ランキング

1 りんごの生産量 第1位 3年
2 にんにくの生産量 第1位 3年
3 ごぼうの生産量 第1位 3年
4 採卵鶏1戸当たりの飼養羽数 第1位 4年
5 豚の1戸当たりの飼養頭数 第2位 4年
6 ながいもの生産量 第2位 3年
7 西洋なしの生産量 第3位 3年
8 だいこんの生産量 第3位 3年
9 かぶの生産量 第3位 3年
10 食料自給率(生産額ベース) 第3位 2年
11 たばこ耕作面積 第4位 3年
12 牧草地面積 第4位 2年
13 食料自給率(カロリーベース) 第4位 2年
14 耕地面積 第4位 3年
15 にんじんの生産量 第4位 3年
16 さくらんぼの生産量 第4位 2年
17 ブロイラーの飼養羽数 第5位 3年
18 メロンの生産量 第5位 3年
19 ばれいしょの生産量 第8位 3年
20 ピーマンの生産量 第8位 3年
21 ねぎの生産量 第10位 3年

農業の担い手

  • 令和2年の農業経営体数は29,022経営体で、平成27年と比べ6,892経営体(19.2%)減少しています。
  • 一方、株式会社や合同会社といった法人経営体が増加しているほか、経営耕地面積では20ha以上、販売金額では1,000万円以上の経営体は増加しています。
  • また、基幹的農業従事者数は48,083人で、平均年齢は65.4歳となっています。高齢化が進行する中で、本県の平均年齢は、全国平均の67.8歳を約3歳下回り、都道府県別では北海道に次いで2番目に低くなっています。

農業経営体数の推移

農業経営体数の推移

出典:農林業センサス

農業経営体の構成

区分 農業
経営体
個人
経営体
団体
経営体
うち法人
令和2年 29,022 28,232 790 646
平成27年 35,914 35,037 877 524
増減数 △6,892 △6,805 △87 122
増減率(%) △19.2% △19.4% △9.9% 23.3%

出典:農林業センサス

経営耕地面積規模別農業経営体数の増減率
(平成27年→令和2年)

経営耕地面積規模別農業経営体数の増減率(平成27年→令和2年)

出典:農林業センサス

農産物販売金額規模別農業経営体数の増減率
(平成27年→令和2年)

農産物販売金額規模別農業経営体数の増減率(平成27年→令和2年)

出典:農林業センサス

新規就農者の状況

  • 新規就農者数は、過去5年平均で275人前後で推移しており、令和3年度は265人となっています。
  • 内訳として、高校や大学等を卒業してすぐに就農した新規学卒者が62人、他産業等に従事した後に就農した者のうち、農家出身者が82人、非農家出身者が121人です。
  • 新規就農者のうち、農業法人に就職する方も増加傾向にあり、令和3年度は調査を開始してから2番目に多い130人となっています。
  • 営農類型別で見ると、独立自営では果樹や露地野菜が多いほか、畜産法人への雇用就農が多くなっています。

青森県における年度別新規就農者数(単位:人)

形態別 H25 H26 H27 H28 H29 H30 R元 R2 R3 R4 過去5年平均
H29~R3(A)
総計 258 296 263 246 277 256 292 303 265 257 279
新規学卒者 63 71 72 59 72 51 65 55 63 69 61
他産業等からの就農者 195 225 191 187 205 205 227 248 202 188 217
農家出身者 125 144 98 122 106 94 118 100 81 79 100
非農家出身者 70 81 93 65 99 111 109 148 121 109 118

青森県農林水産部構造政策課調べ

独立自営就農者

推移(単位:人)

独立自営就農者 推移

営農類型別の推移(単位:人)

独立自営就農者 営農類型別の推移

農業法人就職者

推移(単位:人)

農業法人就職者の推移

営農類型別の推移(単位:人)

農業法人就職者 営農類型別の推移

お問い合わせ

青森県 農林水産部 構造政策課 
担い手育成グループ
〒030-8570 青森市長島1丁目1-1
(代)017-722-1111 内線 5059 
(直)017-734-9463

就農相談以外のお問い合わせはこちら

就農や雇用相談に関する相談はこちら

facebookでシェア twitterでシェア