臨時農業生産情報(高温に対する技術対策)

臨時農業生産情報(降霜に対する技術対策)

臨 時 農 業 生 産 情 報
(降霜に対する技術対策)
令 和 6 年 4 月 4 日
青森県「農林水産力」強化本部
青森地方気象台によると、県内では、4月5日の朝は冷え込み、平野部でも霜のお
りるおそれがあり、今後数日も降霜に対する注意が必要です。
今後の気象情報に注意し、次の事項に留意して、被害の未然防止と軽減に努めてく
ださい。
1 水稲
(1)ハウス育苗では、保温資材で被覆するか暖房器具で加温する。
(2)トンネル育苗では、保温資材で二重被覆する。
2 野菜・花き
(1)ハウス栽培では、保温資材で被覆するか暖房器具で加温する。
(2)トンネル栽培では、保温資材で二重被覆する。
(3)露地栽培の場合は、べたがけ資材で被覆する。
(4)被害を受けても回復の見込みがある場合は、早急に葉面散布剤などの散布によ
り、回復に努める。
3 りんご等果樹
(1)防霜ファンが設置されている園地では、ファンの始動温度を2℃に設定し、著
しく低温になったときは、燃焼法を併用する。
(2)燃焼法では、気温が0℃になったら燃焼資材に点火する。
(3)ぶどうの無加温ハウスでは、石油ストーブ等で加温する。
報道機関用提供資料
担当課 (水稲)
担当者 農産園芸課稲作・畑作振興グループ
GM 成田 真樹
(野菜・花き)
農産園芸課野菜・花き振興グループ【発行元】
GM 木村 一哉
(りんご等果樹)
りんご果樹課生産振興グループ
GM 小笠原 宜弘
(水稲)
電話番号 直通 017-734-9480
内線 5073
(野菜・花き)
直通 017-734-9481
内線 5076
(りんご等果樹)
直通 017-734-9492
内線 5146
報道監 農林水産部
次長 栗林 豊(内線:4967)
【おしらせ】
青森県では、臨時農業生産情報をパソコンやスマートフォンにメール配信するサービス
を実施しています。青森県農業情報のホームページ「農なび青森」からお申し込み下さい。
農なび青森のHPアドレス
(https://www.nounavi-aomori.jp/)
「トップページ」→「農業情報ページ」→「農業情報」
に掲載
農なび青森 QRコード240404
臨時農業生産情報(降霜に対する技術対策)

この記事に関するご意見・ご質問はこちらまで

facebookでシェア Xでシェア