臨時農業生産情報 (大雨と雷及び突風に対する技術対策) 臨時農業生産情報(高温に対する技術対策)

令和6年度 田植進ちょく状況(5月25日現在)

概 況

5月25日現在の田植進ちょく状況は、県全体で88%となっており、平年より6ポイント高かった。
県全体の田植最盛期は、平年より1日早い5月20日であった。

地域 進ちょく率(%)
本年 平年 前年
東青  74  65  56
中南  87  76  89
西北  93  95  93
上北  92  76  90
下北  54  44  49
三八  81  69  77
県全体  88  82  86

注)各地域農林水産部調べ、小数点以下は四捨五入、平年値は過去10か年の平均

技術対策

・気象条件の厳しい地域ではできるだけ早めに田植えを終えるようにする。

・田植えは温暖な日を選んで行い、田植え後は活着促進を図るため、日中止水・夜間かんがい(夕方または早朝に入水)の基本を守る。

・温暖な日は2cm程度の浅水で水温の上昇を図り、低温の日は苗が冠水しない程度の4~5cmのやや深水で保温に努める。

〈参考〉田植の進度

(月/日)

本年 平年 前年
始 め 5/13 5/15 5/14
最盛期 5/20 5/21 5/20
終わり 5/28 5/29

 

(別紙1)田植え進ちょく(0525)

この記事に関するご意見・ご質問はこちらまで

facebookでシェア Xでシェア