臨時農業生産情報(高温に対する技術対策)

令和6年畜産生産情報第3号

◎口蹄疫や豚熱等の家畜伝染病の防疫対策にしっかり取り組もう。

◎公共牧場の有効活用と自給飼料の安定確保を進めよう。

◇ 乳用牛 ~乳質・乳成分データのチェック~

出荷乳の乳質・乳成分データをチェックし、良質な生乳生産を心がける。特に、体細胞数が増加している場合は、牛の状態を確認し、乳房炎に感染している場合は早期治療に努める。

また、細菌数の増加を防ぐため、搾乳機器等の日頃の洗浄・殺菌作業を再点検するとともに、バルククーラーの定期点検を行う。

◇ 肉用牛 ~放牧中の飼育管理~

ダニが媒介し、小型ピロプラズマ原虫が原因となる牛タイレリア病(ピロプラズマ病)の発生を防止するため、放牧中は定期的に殺ダニ剤を使用する。また、初めて放牧する牛は特に注意して看視し、異常が見られる場合には、速やかに退牧させ治療する。

◇ 豚 ~肉豚の衛生管理~

令和6年5月に岩手県で豚熱が発生したことから「飼養衛生管理基準」の遵守を徹底する。

◇ 鶏 ~あすなろ卵鶏の飼育管理~

あすなろ卵鶏の飼育は、鶏舎構造、飼育密度に注意し、発育段階に応じた採卵鶏用配合飼料を給与する。

◇ 草地・飼料作物 ~草地及び飼料畑の管理~

1 1番草の収穫は、開花始期までに終えるよう、天候を見極めながら刈り取り作業を進める。

2 2番草の収量を確保するため、1番草刈取後は速やかに追肥する。

3 アワヨトウの早期発見に努め、多発した場合、刈取可能な草地は直ちに収穫する。

◇ 農業保険

農業保険(家畜共済・収入保険)などに加入し、様々なリスクに備える。

令和6年度畜産生産情報第2号(要約)

令和6年度畜産生産情報第2号(本文)

この記事に関するご意見・ご質問はこちらまで

facebookでシェア Xでシェア