臨時農業生産情報 (大雨と雷及び突風に対する技術対策) 臨時農業生産情報(高温に対する技術対策)

臨時農業生産情報(大雨と雷及び突風に対する技術対策)

 青森地方気象台発表(2023年7月11日6時00分)「大雨と雷及び突風に関する青森県気象情報 第2号」によると、青森県では、11日は大気の状態が非常に不安定となり、大雨となる所がある見込みです。また、竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうに注意してください。
 今後の気象情報に十分注意し、次の点に留意して、被害の未然防止と軽減に努めてください。
 なお、ほ場の見回り等については、危険な場所には近づかず、安全を十分確保して慎重に行ってください。

1 共通の対策
(1)地盤が緩み崩壊の恐れがある農地・林地及び農道・林道並びに増水中の河川などには、絶対に近寄らないようにし、異常を発見した場合は、速やかに市町村等へ連絡する。
(2)浸水や冠水したほ場・園地では、明きょやポンプにより速やかに排水する。

2 水 稲
(1)幼穂形成期に達した水田では、10cm程度の水位を維持しながら排水できるようほ場の排水口で調節するとともに、排水路の点検・整備を徹底する。
(2)土砂が流入した場合は、速やかに取り除く。
(3)畦畔や用排水路が破損した場合は、速やかに補修する。

3 りんご・特産果樹
【りんご・特産果樹共通】
  園地に水が溜まった場合は排水に努める。
【りんご】
(1)仕上げ摘果を終えた園地では、降ひょうがあり、健全果が少ない場合は、樹勢調節のため被害果であっても残し、できるだけ着果基準を守る。
(2)仕上げ摘果を終えておらず、健全果が十分にある場合は、傷の有無を確認し、2mm以上の大きい傷のあるものは摘果を行う。
(3)被害園ではその後の管理を怠ると、来年の生産に影響するので、薬剤散布などの栽培管理は通常どおり行う。
【ぶどう】
(1)折れた新梢は切除し、副梢の発生を促し葉数の確保に努める。
(2)被害新梢から伸長した副梢は、基部から4~5枚目で摘心し、結実確保と枝の充実に努める。
(3)樹勢調節のため、被害を受けた果房でもできるだけ残し、病害虫防除を徹底する。結実が見込めない場合は摘除する。
(4)果房摘除等により樹勢が強くなる場合は、施肥を控えるとともに摘心により枝の充実を図る。
【その他特産果樹】
  降ひょうがあった場合は、着果負担や病害虫の発生を抑えるため、被害を受けた果実はできるだけ摘果する。ただし、摘果しすぎないように注意する。

4 野菜・花き・畑作
(1)施設周辺やほ場に排水溝を設け、排水対策に努める。
(2)果菜類で冠水した場合には、動力噴霧機で散水した後、マルチを除去して、株元を乾かし、根の回復を図るとともに、冠水した果実は早急に取り除く。また、浸水した場合は、草勢の低下を防ぐため、摘果や早採りで着果負担を軽減する。
(3)露地で種子が流出したほ場は、再度は種を行う。
(4)ながいも等のほ場で、「穴落ち」した場合は、速やかに修復する。
(5)降ひょう・浸水・冠水などにより損傷を受けた場合は、病気が発生しやすくなるので、蔓延しないよう、薬剤散布する。
(6)倒伏や穂発芽した小麦は、仕分刈りを行い、未熟粒や被害粒が混入しないようにする。

5 畜 産
(1)飼料畑に停滞している水は、速やかに排水する。
(2)畜舎が浸水した場合は、家畜伝染病の発生を予防するため、消毒を徹底する。
(3)浸水等の被害を受けた飼料は、品質を見極め、十分注意して給与する。

6 農地・農林業用施設
(1)農地・林地・農林業用施設が被災した場合は、速やかに被災状況を市町村へ報告する。
(2)被災した農地・林地及び農林業用施設は、身の安全を確保した上で、シートで被災箇所を覆うなど、被害が拡大しないよう努める。

230711 臨時農業生産情報(大雨と雷及び突風に対する技術対策)

この記事に関するご意見・ご質問はこちらまで

facebookでシェア Xでシェア