臨時農業生産情報(水稲の速やかな刈取りと適切な乾燥調製)について

本年は、刈取適期が大幅に早まっており、刈取りが始まった地域の一部では、既に胴割粒や白未熟粒が確認されています。

刈遅れによる品質低下を防ぐため、ほ場の状態を確認して速やかに刈取りましょう。

1 刈取終わりの目安と留意点
(1)主な地域における刈取終わりの目安(積算気温1200℃)は、出穂が遅かったほ場でも9月15日~19日頃と予測され、平年より20日程度早まっている。
(2)刈遅れは、胴割粒や白未熟粒等による品質低下を助長するため、速やかに刈り終えるようにする。
(3)降雨後、速やかに刈取りできるように、排水対策を徹底する。
(4)過乾燥による胴割粒を防ぐため、乾燥調製は適正に行う。

臨時農業生産情報(水稲の速やかな刈取りと適切な乾燥調製)

この記事に関するご意見・ご質問はこちらまで

facebookでシェア twitterでシェア