臨時農業生産情報 (大雨と雷及び突風に対する技術対策) 臨時農業生産情報(高温に対する技術対策)

2024年度ドイツ連邦共和国の最新農林漁業情報(No.3)

青森中央学院大学の中川氏が翻訳したドイツ連邦食料・農業省のプレスリリースを掲載しています。

日本とドイツは国土面積がほぼ同じで、両国の農業を取り巻く国情や家族農業を中心とした経営形態など、似たような環境条件にあることから、戦後日本の農政展開に際しては、ドイツの農業法を参考にしてきた経緯もあります。

現在においても、農業のデジタル化や環境に配慮した持続的な農業の取組など、ドイツが日本に先駆けて取り組んでいる様々な政策は、日本の農業の将来を考える上で参考になると思われます。

高齢化や担い手不足など、様々な課題を抱える本県農業においても、課題解決の参考やヒントになる情報があるかと思いますので、ぜひご覧ください。

目次

1 2022/23年度の農業経営収入­―収益が大幅に増大している
―収入拡大の要因はロシアの侵略による農産物の著しい価格上昇―(2024・6・12)

2 変革報告:危機に耐えうる農業食料システムへの道
―若者の広範な参画による政策フォーラム―(2024・6・5)

3 若者とオズデミール大臣が農業の未来について意見交換を
―焦点は気候政策、種の多様性そして持続可能な消費に―(2024・6・8)

4 奨励プロジェクト‘’町-農村-ドローン’’で集落へ食料配送を試行
―町の市場と離れた周辺集落をドローンで結ぶ―(2024・5・31)

5  連邦閣議:2022年~2024年の食料政策報告書を採択
―オズデミール大臣:健康で持続可能な食料の入手を改善―(2024・6・12)

24ドイツ農林漁業最新情報No3

過去記事
2023年度
2022年度
2021年度

この記事に関するご意見・ご質問はこちらまで

facebookでシェア Xでシェア